すそわきがの女性の周囲の方へ

すそわきがや、デリケートゾーンの匂いに気が付くのは、おそらくパートナーや友人、同僚など、ごく近しい方でしょう。

 

すそわきがは通常の腋臭にもまして、相手の羞恥心を刺激する状態。

 

本人にとっては、深刻な悩みです。

 

そこに、上から「くさい、なんとかしろよっ」「みんな迷惑してるんだけど」といういい方をしてしまうとその方の自尊心が傷つき、心を閉ざしてしまうことになります。

 

あまりいい方を間違えるとイジメになってしまいます。

 

また「あんたは口が臭いくせに」「腋臭あんたにもあるじゃない」という不毛な罵り合いが発生することもあります。

 

ですので、指摘をするのならば、相手に自分がどんな意図を持っているかを明確に伝えることが大切です。

 

どの接し方が正解かは分かりませんが、私ならば、おそらく次のような切り出し方をするでしょう。

 

「もし、気の所為だったら悪いけれど、匂いとかで悩んでない」と確認し「私で良ければ相談のるけど」と続けます。

 

大事なのは相手と同じ目線で、物事をとらえることです。

 

後は、近しい人ならばインターネットサイトを一緒に見て、石鹸やサプリメントなどを「送料無料になるから一緒に買わない。私もこれ気になるんだよね」ということもございますね。

 

本格的に匂いが強い方は、本人が気にしているか、誰かに指摘されているものです。

 

それに追い打ちをかけるのではなく、一緒に改善して行こうという事を伝えるのが大事なことです。

 

すそわきがなどは、自分の力で治るものではないもの。

 

互いに配慮して暮らしたいですね。