すそわきがは匂いをつけても消せません

私は生まれつき、人より嗅覚が敏感です。

 

日本人全体が嗅覚の鋭い民族で、感覚が過敏な方は多いのです。

 

電車に乗っていると時に「うえっ」というかぐわしからぬ匂いを発している方がおいでです。

 

例えば香水プラス腋臭、制汗剤プラス腋臭、最近では香り付洗剤もしくは柔軟剤プラス腋臭。

 

全く違う種類の匂いが混ざっていて、えもいえぬフレーバーを醸し出しているのです。

 

香り付柔軟剤は本人はいい香りでも「仕事に集中できない」等の苦情も出ています。

 

腋臭、すそわきがの匂いと香水のリナロール等の成分はまったく別種の匂いなので、匂いをつけてもすそわきがの匂いを打ち消すことはできません。

 

あえて言うと「感覚は主観」で書いたムスクやシベット、アンバー(琥珀ではなく海洋ほ乳類の結石、竜涎香)などはアニマルノートですが、人間の動物の匂いに動物の匂いを足し算したらとんでもないことになるのです。

 

香水もつけすぎると、悪臭になります。

 

間違ってもわきや、陰部につけてはいけません。

 

また濃度もパルファン、パルファンドトワレ、オードトワレ、オーデコロン、練り香水などがあり、香りの濃度も違います。

 

つけるのならばTPOにあったものを、デオドラント対策をしてから、少量つけることが大切です。

 

私は香りの量を調節できる、練り香水などを使う事が多いです。

 

数メートルの距離からわかるのは、つけすぎですよ。

 

因みに花の香りを山でつけるとスズメバチが来てしまうことがあります。

 

状況にあったものを、お用いになるとよいですね。