すそわきがの女性は自己臭恐怖に気を付けて

アポクリン腺など、現実にすそわきがもしくは陰部の匂いの原因が見当たらないのに、必死に匂い対策をして、外出もままならないぐらいに気にしてしまう人がいます。

 

周囲が「そんなことないよ」というフォローをしても「いいやにおう」と強い反応が返ってきます。

 

こういう状態の場合は、自己臭恐怖という精神科領域の病気を疑った方がいいということもございます。

 

自臭症という名前が使われることもあります。

 

少しのきっかけで発症し、通常の手段では改善しづらいのが特徴です。

 

社会不安障害というカテゴリに入れられることもあります。

 

裏側にうつや心の傷が隠れていて症状を悪化させていることもあるそうです。

 

主に認知、物事のとらえ方をカウンセリング等で、正していくという手法がとられます。

 

自己臭恐怖の患者さんは「もしかして自己臭恐怖じゃないの」と指摘しても、言うことを聞きません。

 

もし激しく匂いがすると訴えたら、否定も肯定もせずに、別の話をふってください。

 

思い込みが激しい人の考えを素人さんが、コントロールするのは、まず無理です。

 

このサイトを見て、もしかしたら自分は自己臭恐怖かもと思った方は、心療内科などに1度行ってみましょう。

 

何をしても原因がわからない方は、少し思い込みかなという、気持ちをもって周囲の言葉に耳を傾けることが大切です。

 

大丈夫。

 

きっと落ち着いて、匂いを気にせずに過ごせる日が参りますよ。

 

すべての可能性を疑って、すそわきがのケアをして参りましょうね。