すそわきがのコラム

腋臭は、アポクリン腺という匂いを発する腺から分泌物が出ることで、体臭が生じた状態です。

 

男性に多い悩みで、枕等に匂いがうつって、家族の顰蹙を買うというのが、定説です。

 

でも、すそわきが、って耳慣れない言葉ですね。

 

これは主に性器周辺に生じる匂いのことです。

 

おすその匂いなのですね。

 

メカニズムは腋臭と一緒なのですが、中には別の要因が隠れていることもあります。

 

性感染症などが代表例です。

 

カンジダ膣炎などはおりものが悪臭を放つ症状が出ることがあります。

 

また経血等で汚れ、蒸れても匂いが発生します。

 

性交や自慰などで傷がついて雑菌が繁殖し匂いが出ることもございます。

 

原因を特定するためには、受診が大切です。

 

少し恥ずかしいかもしれないですが、あまりに匂いが強い場合は婦人科、その他の病院で診断を受けた方がいいかもしれません。

 

普段からできる対策としては、やはり陰部周辺を適度に、清潔に保つことです。

 

適度と申しますのは、洗い過ぎや気になって触れることでかえって悪臭の元を刺激することになるためです。

 

下着は化繊より綿のものを使い、陰部が湿らないように消臭効果のあるおりものシートを使用する、ジャムウと呼ばれる専用の石鹸などを使うというものがよく対策として行われます。

 

他にデオドラント効果のあるアロマオイルを入れたお風呂に入るという方法でも一時的に匂いが消えることがあります。

 

ただし、完全にアポクリン腺が犯人の場合、手術その他の医療が必要なので、ご注意ください。

 

よく、匂いをごまかそうとして、香水をつける方もおいでですが、体臭はどちらかというとタンパク質が腐敗した匂いに近いもので、香水の成分とは全く違う匂いです。

 

敢えて言うとムスクは、ジャコウシカという動物の臭腺から取り出す香料ですが、少量だけ使わないと臭いものです。

 

人間はジャコウシカやジャコウネコではないので、やはりかぐわしくはない匂いしか出せません。根本から匂いの元をたたないと、消えないのです。

 

気にしすぎは禁物ですが、適切に対処して、健やかな毎日を送りたいですね。