すそわきがの原因?食生活の影響も

体臭の原因は習慣的に取っている食事その他嗜好品によっても変化します。

 

動物などでも一般的に肉食もしくは雑食の生き物の方が草食の生き物より匂いは強いのです。

 

草食動物も、食べる飼料によって肉の匂いが違うのです。

 

また、乳酸菌など腸内細菌の影響も受けやすいのです。

 

匂いの元は、大腸菌などの悪玉菌。例えば羊の肉。

 

マトンという大人のヒツジの肉は時間が立つと独特の匂いが出ますが、柔らかい草しか食べたことが無い子羊の肉には匂いがありません。

 

便秘などをする方は、自ずと体臭が濃くなりますので、注意が必要です。

 

大事なのは肉類よりも食物繊維を含んだ食材を多くとることです。

 

食物繊維はお通じをよくすると共に、乳酸菌のご飯となります。

 

お野菜、キノコ類、豆類、こんにゃくなどをとるようにしましょう。

 

にんにく、野蒜なども匂いが出ますので避けた方が無難です。

 

煙草も匂いの原因になりますので禁煙をお勧めいたします。

 

また、お酒も体臭を濃くする原因です。

 

飲んだ後はアルコールが分解されるまで、全身から匂いが漂うので、わきがプラスアルファの体臭になります。

 

飲みすぎた後は、クエン酸を含むレモン水、解毒作用のあるハーブティー(紫蘇茶、菊茶など)を飲み、出来るだけ早く、分解されるようにしましょう。

 

後はお味噌汁を飲んでいくと良いですよ。

 

特にシジミは肝臓の機能を助けますので、解毒が早くなります。

 

大切なのは体に老廃物を貯めないことです。

 

外もなかもすっきりして、すそわきがを撃退したいものですね。