すそわきがに年齢と体臭は関係あるのか?

わきが、すそわきがは、一般的に生殖機能が十分に発達した大人に起ることが多い病気です。

 

アポクリン腺は、性的な機能の高まりによって活動を活発にしますので、生殖能力が低い、もしくはない人にはそう起こらないと言われています。

 

ある意味男らしい、女らしい「肉食系」の証ともいえますね。

 

ただ、わきがやすそわきが以外にも、加齢による体臭が強くなることは事実です。

 

ポイントは胃腸の消化力。

 

胃腸の機能は一般的に大人になって年をとるごとに低下していきます。

 

また汗のにおいも変化しアンモニア系の匂いに変わると言われています。

 

私も最近自分の体臭が変わってきたと感じています。

 

昔は、ほのかに甘い匂い(当時の交際相手談)がしていたのに、今は自分でシーツの匂いをうっかり嗅ぐと「うーん」という感じになります。

 

臭いというわけではないのですが、何となく動物系にしつつあるような。デオドラント対策をしたら消えましたが。

 

ヨーグルトなどを食べると、腸内環境正常化につながるそうですよ。

 

後はお風呂にはいって汗を出しきる工夫もしています。

 

女性の場合はお化粧品が増えていくことも体臭増加のきっかけになりますね。

 

香料もはいっていますし、肌に残ると、そのタンパク質に菌が反応して、匂いの元になります。

 

塗りすぎ、こすりすぎ、洗い過ぎは良くありませんが、きちんとすすぎをすることで、すそわきがプラス通常の体臭という事態を防げます

 

その日の汚れはその日のうちに洗ってしまうのが、体臭予防の鉄則です。