すそわきがは不衛生だから臭う?

良く体臭はお風呂にはいっていないからとか、そういう「不潔」が原因だという人がいます。

 

確かにそういう人もいないわけではないのですが、実は洗いすぎると、却って匂いが出てしまうことも少なくありません。

 

私たちの身体には常時沢山の菌が存在しています。

 

常在菌と呼ばれるものです。

 

悪臭を放つのは、物を腐敗させる菌ですが、その菌を別の人間に有用な働きをしてくれる菌が抑え込み、バランスを保っているのです。

 

因みに人に役立つ化学変化を発酵、役に立たないどころか害をなす化学変化を「腐敗」と呼びます。

 

女性の外性器およびその周辺でその働きをするのは乳酸菌を筆頭とする酸性の状態を作り出す菌類です。

 

膣内は普段は弱酸性なのですが、妊娠可能時のみは、アルカリ性に傾きます。

 

精子を殺さず通すためです。

 

そもそも外性器周辺は、ごしごし洗ったりするものではありません。

 

誰も口を石鹸で洗う人はいないでしょう。

 

歯磨き粉を使いますよね。

 

それと同じ粘膜の陰部には、専用の石鹸もしくはそれに準じるものを使うのが正解です。

 

また熱いお湯も菌を殺してしまうのでお勧めできません。

 

月経の時など以外はぬるま湯でさっと流す程度でも充分だそうです。

 

お風呂は2日に1度ぐらいでいいという医師もいます。

 

入浴は体を温める効果、リラックス効果など清潔を保つ以外にも意味がありますので、行う事をお勧めしますが洗い過ぎは要注意だという事は確かです。

 

かゆみなどの原因にもなりますしね。