「すそわきが」はかゆみに注意

デリケートゾーンのかゆみは、匂いと同時によく出る症状です。

 

原因としては先にあげたカンジダ症や、トリモコナス膣炎など性感染症を筆頭に、下着の繊維や洗剤へのかぶれ、汗などによるただれなどが考えられます。

 

かゆみを伴う場合はケジラミやヘルペスも疑う必要があります。

 

また性交渉で陰部を傷つけた場合や、自慰などで傷をつけた場合、細菌が繁殖してしまうことがあります。

 

「ミミズにおしっこをかけるとおちんちんが腫れるよ」と脅す言葉がありますが、あれはきたない手で、陰部を触る事で菌が入ってしまうという事だと言われています。

 

私たちの手は、綺麗に見えていても、実は細菌や、ウイルスの温床なのです。

 

性行為の前には爪を切り、手をよく洗ってください。

 

陰部は繊細なので、乱暴に触ると傷がついてしまいます。

 

すそわきがが気になって触りすぎるのも同様の理由で駄目ですよ。

 

痛みがある場合は膀胱炎を疑った方が良いかもしれませんね。

 

尿にしろいビラビラのようなもの(個人差あり)が混じり、匂いを放ちます。

 

すそわきがと間違われることもありますが、痛みや炎症があるかによって、また匂いの種類が異なるので、鑑別できると言われています。

 

血液検査や尿検査をするとすぐ分かりますので医師は間違えません。

 

抗生物質の投与が治療のメインです。

 

女性に大変多い病気ですね。

 

尿道が短いので菌が入りやすいのです。

 

早期に治療しないと慢性化して繰り返しますので、はやめに病院に行きましょう。